ad

初めての集団授業で失敗した話。A lawn mowerって何だか知ってますか?

私の人生初の英語の集団授業は、4年前の2013年。

35歳〜55歳程のメキシコ人が、初めての生徒だった。

2013年の9月から2014年の3月まで、私はアメリカ合衆国カリフォルニア州の大学に留学して、TESOL(てーそる、と読む)の取得プログラムに参加していた。

とある授業で教育への興味関心を話していたら、たまたまその場に同大学でTESOLのディレクターを務めている方がいらっしゃって、ご好意でTESOL Certificate取得コースに参加させてくれることになったのだ。

TESOLとはTeaching English to Speakers of Other Languagesの略称で、英語が母国語ではない人々向けの英語教授法に関する資格のこと。

教授法に関する座学と、教育実習をもって、修了となる。

当時大学2年生。それまではマンツーマンか、1対2の授業しか経験していなかった私にとっては、初めての集団授業だった。

担当は、35歳〜55歳程のメキシコ人たち、約25人。レベルはelementary(初級)クラス。

ちなみにこれが当時実際に使っていた時間割である。TESOL受講者5人とも、私以外は皆社会人だったので、クラスの時間帯は平日夜と週末だった。今だったら速攻拒否反応が出て、こんなコースなんて取ってないだろう。

昼間は学生と共に通常クラスを受講していたので、両方の課題に追われて、文字通り泣きながら勉強していた。自分で言うのもなんだけれど、英語力が一番伸びた時期でもあると思う。なにせのびしろが大きかったから。笑

日本だったらありえない新出単語

しかしまた、日本語の1つも通じればもう少し気楽に構えられたかもしれないのに、いきなりメキシコ人、しかも大人ときた。

日本人の大人でさえどう惹きつけられるか怪しいのに。不安は募るばかりだった。

初回授業が刻々と迫ってくる中、まずは、教材のレベルを把握しようと、新出単語一覧表に目を通した。

【a lawn mower】

???

電子辞書で調べてみる。

【名詞・可算名詞●芝刈り機】

知らねぇーーー。笑

“Can you~?”の疑問文すら作れない初級クラスの生徒に、いきなり「芝刈り機」を求めるなんて。

その次に列挙されていた単語たちも、かなりぶっとんでいた。

・Application form/ 申請書

・Immigration/ 入国審査

・Occupation/ 職業

・Signature/ 署名

・Social insurance/ 社会保険

なんだこれは?

初級クラスの生徒で間違いないよね?

もしやメキシコ人って天才なのか?いや、母語と英語が似ているから苦労しないのかな。

結局これらの単語は明らかに初級レベルではなかったので、あえて重点を置くことはせずに、授業は過ぎていった。

授業は初級レベルの彼らが無理なく覚えられる内容で固めていたので、置いてけぼり状態になる生徒も出なかった。

そんなこんなでクラスを担当して一週間弱が経過したある日。

私の父親とそう変わらない年齢の生徒が、教室の壁に貼ってあった世界地図の前で手招き(正確には人差し指をくいっと曲げた動作)をしてきた。地元で郵便配達とトリマーの仕事を掛け持ちし、娘2人の父親でもある生徒だった。自分から地図の前まで呼びつけたにもかかわらず、何も話しかけてこない。

こちらから”Do you know Japan?”と尋ねると、オーストラリアを指差された。いやいや、そんなに大きくないって。代わりに小豆サイズの点を示した。するとあまりに期待外れの極小ぶりに落胆したのか、しばらく無言で固まってしまった。そしてそのあと、”many money?”と問いかけてきたのだ。

この時知ったのだが、生徒の多くは、成人してからメキシコから移動してきた移民だった。アメリカ合衆国で子どもを産み、ヒスパニック系アメリカ人として現地校に通わせるが、自身の英語力が十分でないために定職につけず、また学校のPTA事業にも馴染めないでいた。それでも何とかして英語を身に付けたいと、子どもたちを家族や近所に預けた後、語学学校が無料提供している英語の夜間コースに足を運んでいたのだった。

たぶん、彼にとっては日本がどこにあるのかとか、どのくらいの大きさだとか、そんなことはどうでもよかったのだと思う。

その時やっと、自分が犯した間違いに気が付いた。

クラスで教える単語・表現は、彼らの実生活に基づいていなければ意味がないということ。

「芝刈り機」も、「入国審査」も、「社会保障」も、彼らの生活において最も不可欠な単語だったのに。何で最初から気付いてあげられなかったんだろう。

教材に書いてあった新出単語が「初級クラスの生徒にとって難しすぎ」という判断は、自分の杓子定規に過ぎなかった。

あー全部を白紙に戻したい。後悔の念がザーッと押し寄せてきた。

ちなみに私の授業を見ていた監修の先生にはしっかりと、あとから念押しのフィードバックをいただいた。気付いていたなら最初から注意してくれれば良かったのにとも思うけれど、それは彼女の優しさだったということにしておこう。

結局、来る晩来る晩、当時知る由もない単語を20も30もひたすら覚え続けることとなった。

なにせ当時は自分自身が英会話経験ほぼゼロの文法読解マシーンだったので、こういった単語はいわゆる「見りゃわかるけど会話では使えない」レベルに過ぎない。

今思い返すと、そんな地に足ついていない状態で教壇に立っていた当時の自分が本当に恐ろしい。

ちなみにa lawn mower(芝刈り機)はそれ以来一瞬たりとも忘れたことはない。

—————————————————————————————————

本日も最後まで読んでくださってありがとうございました!