ad

新年快樂!MRT駅ごとに見るシンガポールの旧正月デコレーション14選

新年快樂〜!

今年は2月16日から始まるシンガポールの旧正月。2月に入ってからというもの、街中は赤や金色、「福」「財」「富」といったデコレーションで埋め尽くされ、祝賀ムードに拍車がかかっている。オフィス街ことCBD(Central Business District)エリアでは、30m歩くごとに、縁起物である柑橘系の低木を発見するようになった。

その中でも、クリスマス直後に早々と模様替えを終わらせていたのはショッピングモールだ。MRT駅直結であることが多く利便性は高いが、旧正月のこの時期は毎年センスの欠片もない旧正月の歌バカの一つ覚えのように繰り返し流している。ゴーンシ、ゴーンシ、ゴンシ〜ニ〜♪(恭喜恭喜恭喜你)という、シンガポール在住の方なら誰もが一度は耳にしたことがあるだろうメロディー。嫌気を通り越して、もはや愛着が湧いてくる。

さて、その恭喜恭喜恭喜你〜!(おめでとう、おめでとう、正月わーいおめでとう〜!)という歌が無限ループのショッピングモール。

耳で楽しめないなら、目で楽しむしかない!

というわけで今回は、そんなモールを彩る旧正月の装飾をMRT駅別にまとめてみた。

シンガポールのMRTマップ(2017年11月現在)

Plaza Singapura @Dhoby Ghaut

まずはシンガポール在住ならば誰もが1度は来たことがあるだろうPlaza Singapura。赤とピンクの大きなフラワーボールと、「春」という字が切り出された剪紙がお出迎え。各階の手すりにも同色の花が列をなし、全体的にとても華やかだ。

ION @Orchard

ラグジュアリーブランドショップが立ち並ぶオーチャードロードに面したイオン。シンガポール人は「アイオン」と発音する。建物自体が並外れた存在感を放っているため、多くのデコレーションは必要ないのかもしれない。両端の柱に、円盤の飾り物が少しずつ。

313 @Somerset

オーチャードロードと西に進むと、ブランド物は一転、カジュアルなファストファッションが主流となっていく。313では波打つストライプとドット、平たいランプが特徴的。インスタ映えさせようと張り切る若者が終始写真撮影に勤しむスポットでもある。

Velocity @Novena

プラナカン仕様のポットから、注がれているのはなんと花。可愛い!急須からもそれぞれピンクと紫の花が覗いている。昨年新装開店した24時間営業のスタバがあるNovena。子どものいる世帯が多く住むエリアでもあるため、習い事やおもちゃ屋さん、子ども用の学習机なんかのお店も充実している。

The Star Vista @Buona Vista

吹き抜けとなったモールの中心にそびえ立つド派手ツリー。クリスマスで一番上を飾ったお星様は、「春」の字に座を奪われている。The Star Vistaには日本食レストランや日本の雑貨屋さんなど揃っており、平日夜は日本人社員の出入りも多い。

Bugis Junction @Bugis

果たしてこんなにでかくする必要はあったのか、シンガポールよ…。これは待ち合わせで「あのピンクのやつの前で!」となること間違いなし。しかもこの像、なんと回転式だから驚きだ。

ちなみにこのノッポのピンク色女性が持っている「福」。これが逆さまであることに注目してほしい。中国語では「福」が逆さまである(倒れる)ことを福倒了(フー・ダオ・ラ)と言う。 この発音とよく似ている福到了(フー・ダオ・ラ)は、中国語で「福」が来ることを意味するので、発音が似ていることから「福」の字を逆さにした装飾も少なくない。

Tiong Bahru Plaza @Tiong Bahru

館内に目立った装飾はないものの、入り口には人の背丈より大きな金柑の木がドーン!

金柑を金に見立てて「お金が入ってきますように」と祈る意味もあれば、広東話の「橘」の発音が「吉」、「金柑」の発音が「金吉」と同一ということから財産を示すという意味もあるらしい。街中のガーデニング屋さんに出向けば、柑橘類の鉢植えが小さいものでも数万円、高いものだと15万以上(!)で売られている。

Suntec City @Promenade

上品な色合いでまとまった螺旋状のランタンが、なんとなくアラブストリートのランプ屋さんを彷彿とさせるデザインだ。3階まで吹き抜けとなっている利点を利用した、縦長のデコレーションがインパクト大。

The Shoppes @Marina Bay Sands

ガラス一面にちりばめられた淡いピンク色の花びら。外から太陽光を取り込んでステンドグラスのような透明感を発揮しているため、館内から楽しむ方がオススメ。ピカピカに磨かれたフロアに、桜が幻想的に反射して美しい。

NEX @Serangoon

大型スーパーにしてはシンプルなデザイン。「新」「春」「迎」の文字が所々に散りばめられている。

City Square @Farrer Park

こちらも赤とピンクのフラワーボール。閉館間際のため若干暗めの印象だが、昼間訪れると問題なく賑わっているのでご安心を。シンガポールの観光名所24時間営業のムスタファセンターへ行くときは、Little Indiaよりもこちらの駅で降りると目の前にたどり着ける。

Central Clarke Quay @Clarke Quay

これはね…120%クリスマスの装飾の使い回しですよ皆さん。マレー系女子3人組がこの天井ライトをバックにしきりに写真撮影していたけれど、あと5分電車に乗ってリトルインディアへ繰り出せばこの何百倍ものギラギラネオンを楽しめるだろうに。このモール横には北海道アイスクリーム屋さんがあるので、お越しの際は是非。

Vivocity @Harbour Front

さすが、シンガポール本土とセントーサ島を繋ぐ駅。喫煙所の装飾も手を抜いていなかった。常夏の象徴ヤシの木と、その間に挟まれた肌寒い気候で咲く梅の木の奇跡的コラボレーション。(※梅は造花です)

番外編:Orchard

駅中モールではないけれど、もう1枚。Paragon Shopping Centre横の道端に突如現る大量の犬。うーんちょっと邪魔。笑

ちなみに旧正月にはライオンダンス(獅子舞)がいたるところに駆り出されている。会社によっては突如オフィスに獅子舞が現れることも。今年の一部スケジュールはこちら(外部リンク)から確認できるので、旧正月の雰囲気をエンジョイしたい方は是非!

—————————————————————————————————

本日も最後まで読んでくださってありがとうございました!