「お客様 is not 神様」シンガポール接客業の実態

先日シンガポール人の友達とドローンを飛ばしてきた。シンガポール国内でも有数のドローン飛行許可エリア、Marina South Pier駅横。

お天気に恵まれ最高の景色。当たり前だけれど周囲は海に囲まれていて、ボートの発着までしっかり撮影できていた。まぁ今回はドローンの話ではないんだけども。

さてそんなガジェット好きの彼は年に数回必ず日本旅行をエンジョイしている。もはや私よりも頻繁に日本を訪れていて、日本語を話せないにもかかわらず日本在住の日本人友達もめちゃくちゃ多い。つい先日も北海道の富良野に行っていたらしい。ドローンを飛ばしながら「日本は稼ぐには最悪の国だけれど、お金を使うには最高な国だ」と満足気に語っていた。

サービス業、その中でも接客業が素晴らしいのでお金を払う価値があるという旨の話をしていたのだが、私もそう思う。なんなら日本では何も買わずに店を出ても「ありがとうございました!またお越しください!」と感謝される。対して待機してもいないのに「申し訳ございません」と謝罪される。たまに一時帰国するとこういった神対応にいちいちびっくりしてしまう自分がいる。

一方同じく観光先として人気の高いシンガポールだけれど、果たしてそのサービスはいかがなものか。

勝手にブチ切れるレストランの店員

残念ながらシンガポールの接客業は良いとは言えない。

例えば先日タイレストランに行った時のこと。タイ料理の中でも私が愛してやまないパパイヤサラダをオーダーした。超絶美味いのだが、一気には食べられないほど辛い。同席していた人との会話も弾んでいたので、どうしてもパパイヤサラダを食べる手が止まってしまっていた。

するとものの10分もしない間に店員さんが近づいてきた。まだ半分以上もサラダが残っているのに「ゆーふぃにっしゅ?」と聞いてお皿に手を掛ける。

ふぃにっしゅじゃねーよ半分以上も残ってるじゃんかw「のーのっといぇっと」と言って片付けを制すると「……チッ」舌打ちが返ってきた。いやいや聞こえとるがな。回転率を上げるためなのか手持ち無沙汰状態を改善するためなのか、シンガポールでは店員さんがやたら頻繁にお皿を下げようとしてくる。かつて私も居酒屋バイトをしていた時に使っていた「お済みのお皿お下げしてもよろしいでしょうか?」という呪文を使えるものはごくわずかだ。

または中華料理屋さんに行った時のこと。シンガポールのレストランではメニューに番号が振られている注文表に食べたいものをチェックしてオーダーする形式が多い。数を書く場合は「○皿」「○つ」という個数を意味する。私も一緒に行った友人も豆苗好きなので、その時も迷わず豆苗ガーリック炒めの欄に「1」と記入した。ところがしばらくして運ばれてきたのは豆苗ガーリック炒めではなく、ほうれん草の生姜炒めだった。しかも2つ。メニュー番号を見るが、間違いなく注文したのは豆苗ガーリック炒めだ。すかさず同じ店員さんを呼んで状況を説明した。するとその店員さんは注文表を確認してから「…………はー」。

ため息!!

そーりーどころか目も合わせずほうれん草の生姜炒めを回収して厨房の奥に消えた。自分の間違いに落胆したというよりは「うわーこの客気付かなきゃよかったのにー」的な面倒臭さがだだ漏れだ。そもそも注文を間違えたのはそちらなんだけどな。

ちなみに昨日昔の同僚4人としゃぶしゃぶ屋さんに行った時も、若い女性店員の対応が強かった。お鍋が2つに分かれていて、6種類のスープの中から好きなものを2つ選べるらしい。ゆずコラーゲン、醤油、トムヤムスープ、塩…どれも惹かれるチョイスで迷う。しかしものの3秒ほどメニューを覗き込んでいた私たちに店員さんの声が降り注いだ。「しょーゆ、すぱいす、OK?」いや勝手に決めるなって。シンガポールの店員さんは待つことが嫌いだ。「さっさと決めなければこっちが決める」というスタンスで接客してくる。結局、お前の思い通りにはさせないという変な対抗心を燃やしたタイ人が「ゆずコラーゲン&醤油」と言い直し幕は閉じた。

もちろんとても気持ちの良い接客をしてくれる人もいるけれど、シンガポールの飲食店でこのようなことは日常茶飯事である。

これで良いのか悪いのか

残念ながらこれがシンガポールのサービスの現状だ。

確かに日本以外の国で日本のクオリティを求めるのは間違っているかもしれないけれど、アメリカ合衆国ではみんな必要以上に笑顔で「はぁ〜〜〜〜〜〜い♪」と挨拶してくれるし、ドイツでは皆んな働き者で無駄がない印象を受けた。

それに比べ笑顔なし・間違い過多・勝手にキレるシンガポールのサービスは一体なんなんだ。シンガポールの接客業の人たちからは「ダルいけどあんたたちのために仕方なく働いてやってるんだから感謝しろ」というような確固たる意思を感じる。カウンターに3人いたとすればほぼ100%そのうちの1人は何もしてない。そこに存在しているだけ状態。

理由の一つにはまず賃金の低さがあると思う。シンガポールではそもそも学生のアルバイトがあまり推奨されていないし、例えば市街のマックの時給も$5程度だ。スタバも$6程度だという。日本円にして時給500円弱。そんななけなしのお金のために笑顔の仮面をかぶってお客様を神様扱いできるか!というのが本音だろう。まぁ働く側としては、無理に自分を押し殺してストレス貯めるよりは素直な現場というポジティブな捉え方もできるけれど。

「お客様=神様」が浸透していた日本からシンガポールにやってくると、この国の接客業のクオリティの低さに愕然とする。しかもお客様=神様扱いしないからといって横暴な客がいないわけではないから厄介だ。

普段暮らしている分にはこの手の接客がスタンダードになってしまっているので特に問題はないのだが、観光としてシンガポールを訪れる人たちにはどう映っているのだろうか。

—————————————————————————————————

本日も最後まで読んでくださってありがとうございました!