写真集 * Photo Walk

世界を旅して写真を撮る「Photo Walk」が好きです。
iPhone 6S Plus、NIKON D5300で、
日常の風景を撮影しています。
▽ ▼ ▽

ニュージーランドのテカポ湖で降り注ぐ満天の星

旅行記

ニュージーランド、テカポ湖。

世界の絶景としても名高い観光名所なので、訪れた方も多いのではないだろうか。

湖畔にぽつりとそびえ立つ「善き羊飼いの教会」で有名な町だ。

テカポ湖の画像をネットで検索すると、それはそれはフォトジェニックな写真たちが目を引いてやまない。

中でも世の人々の心を掴んで話さないのが満天の星空。

世界の絶景ランキングにも度々ランクインしているようだが、絶景写真には「実際どうなの?」という疑問がつきもの。完全加工された偽物の美しさに胸を躍らされ遥々辿り着いた先で現実を目の当たりにした時の悲しさよ。

だから昨年ニュージーランドの南島を旅した時も、出発前に大きな期待を抱きすぎないようにしていた。後でこんなもんかと肩を落とすのが怖かったからね。

満天の星を拝めるのは「善き羊飼いの教会」ではない?

さて、そんな星空の絶景で有名なニュージーランド南島のテカポ湖。

実際に行ってみて撮れたものが、こちらだ。

ブレすぎ…。

シャッターを3秒以上開け放つと、強風のためレンズが揺れてしまう。

まぁ心してはいたけれど、パンフレットで見たあの絶景は一体どこへ…。

参照:zekkei-project.com

この時は10月中旬。

星空を眺めに繰り出したのは夜の23時頃。

夜が更ければより星が綺麗に見えるとは限らないらしい。

ちなみにカフェで出会った現地人スタッフさんによると、雲の多さよりも実は月の明るさが重要で、星が美しく見えるのは3月〜5月らしい。

最初から知っておけばよかった。

外は極寒かつ強風が吹き荒れる悪天候。そのまま雪山に挑めるくらいの防寒装備にもかかわらず、手足はすっかり冷え切ってしまった。

涙なのか鼻水なのかわからない水分が顔面を伝う。

それから1時間ほど粘ったけれど、満足いくものは撮れない。

頭上を覆う雲を呪いながら、後ろ髪を引かれる思いで帰路に着いた。

が、奇跡が起きたのはそれから数分後。

なんとなく南の空を見上げて息を飲んだ。

めっちゃ星が見えるー!!

さっきのホラー写真が嘘のようなこの透き通りっぷり!

星屑が宝石となって、今にも降り落ちてきそうな。

星の数が多すぎて、星座が特定できない。

じっと見つめていると吸い込まれてしまいそうで、寒さのせいではなく体が震えた。

後日現地のカフェ店員さんに尋ねたところ、山の天候は変わりやすいので星空は最後まで諦めちゃいけないということと、実は「善き羊飼いの教会」とは反対側(南の空)の方が満天の星を拝められるチャンスが多いとのこと。

ここでも強風は止まず、どうしても写真上のブレは抑えられなかったけれど、十分星空を満喫した。

テカポ湖での日中の過ごし方

テカポ湖=「星空」のイメージが強いが、お昼はハイキングも楽しめる優秀スポットだ。

テカポ湖西側をぐるっと円を描いて町まで帰って来る、ちょうど4時間程のハイキングコースがあり、日没までの時間をそこでつぶすことができる。

スタートはテカポ湖のほとり。

どこか日本を彷彿とさせる情景も。

町の中心から2時間も歩けば、この景色!

ニュージーランドの紫外線は強烈なので、日焼け対策は命綱。

私は日差しのせいで、初日にして肌がひび割れてしまった。 自分肌が弱いですという方には、日焼け止め、長袖、サングラス、できれば帽子も持っていくことをオススメする。

帰りはテカポ湖の横をたどって町まで戻る。テカポ湖の街並みが一望できる絶景ポイント!

腹ごしらえもお忘れなく

ニュージーランドはとにかく食が素晴らしい!

ニュージーランドの店は閉店が早い。テカポ湖では20時を回って唯一営業していそうだった、湖畔(Kohan)という日本食レストランに足を運んだ。

ニュージーランドにまで来て日本食。笑

頼んだものは、サーモン丼。

シンガポールではノルウェー産のお高いサーモン(しかも薄っぺらい)以外なかなか手に入らないので、感動!肉厚、とろける、しつこい脂っぽさなし!

そして一番のオススメは、そばの実のスープ!

しいたけと鶏肉の出汁が効いていて、最高に美味。

調べたところ、ニュージーランドも中国・アメリカ合衆国などに続き、そばの実の主要原産国の1つらしい。

どれもこれも、シンガポールはおろか、日本でもなかなか巡り会えないほどの絶品ぶり。お値段はそれぞれ1,000〜1,500円ほど。

食後は何も言わずとも、暖かい緑茶をサーブしてくれた。

シンガポール支店があったら、常連さんになっていること間違いなし。

テカポ湖にご旅行の際は是非お試しを!

—————————————————————————————————

本日も最後まで読んでくださってありがとうございました!