米朝首脳会談で報道陣に配布された記念品

米朝首脳会談のためシンガポールに集うと予想されていた報道陣は約2,500人。

各放送局の生中継を確認するため、今朝のメディアセンターは大いに賑わっていたらしい。

そんなシンガポールでも、やっとこさ嵐が過ぎ去ろうとしている。

今回のイベントのために渡星した報道陣へは、メディアセンター開設当日より記念品が配布されていた。

ビッグ2の顔が描かれたうちわ日本のニュースで紹介されていたけれど、実はもっとたくさんの記念品が配布されている。

で、気になるのはその中身(=・ω・=)!

まずは、日本のニュースでも取り上げられた、これ。

トランプ米大統領と、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の顔が前面に描かれたうちわ。

これ場所を選ばないと涼んでいるだけで射殺されるんじゃないか…。

そんな私の不安をよそに、どこかの国の報道陣は「これ左利きだったらずっと北の風を浴びることになるなHAHAHAHA」と高笑いしていた。

なんてメンタル強いんだ。

バウチャー系の記念品

太っ腹なサービス券もあった。

一つ目は、会談会場であるカペラホテルのあるセントーサ島の目玉であるユニバーサルスタジオと水族館の割引券。

今月の24日まで有効だそうだ。

両施設とも、今に至るまで閉鎖の動きは見られない。少しでもメディアの流れを生み出して、観光客の取材を通して海外アピールするのが狙いだろうか。

日刊発行部数40万部にのぼるシンガポール最大の英字新聞The Straits Timesの購読券2週間分。

同じデザインのノートブックと飲料水がセットになっている。

その他いろいろ記念品

左から、メディアセンターの利用案内、シンガポールの業界レポート、米朝首脳会談に対する各国メディアのまとめレポート。

発行元はいずれもシンガポール政府。

後者2つは最新の統計満載で、ペラペラめくっているだけで面白い。

次に、USB式扇風機と、ボールペン。

冷蔵庫並みに冷え切っているメディアセンターの中で、涼を得ようとする人は果たしているのだろうか。

その他は、広告冊子が複数点織り込まれていた。

こうした記念品は、下の写真の袋にまとめられている。

そのうち買い物袋になりそうだけど、記念としてとっておこう。

—————————————————————————————————

本日も最後まで読んでくださってありがとうございました!