MRTが故障して停車駅をすっ飛ばすハプニングで見たシンガポール人の神対応

週末になるとシンガポールの鉄道(MRT)が賑わう。土曜日と日曜日は、平日昼間の子育てをメイドさんに一任している家族らも外出してファミリータイムを楽しむ2日間だ。心なしか車内のベビーカーや親子連れ率が高い。

シンガポールには「電車内で喋ってはいけません」という不文律は存在しない。家族も友人もカップルも、それぞれの言語で会話を弾ませる。日本語と英語しか理解できない私にとって、MRT内は外国語の飛び交う即席語学学校のようで面白い。

よく晴れた昨日、私はシンガポール初の世界遺産であるボタニック・ガーデン(Botanic Garden)横の駅から、最近路線が拡張された青線(Downtown Line)に乗車した。行き先は3駅先のインド人街、Little India。

Botanic Garden ▶▶▶ Little India

皺々の右手首に数珠をつけた白髪の年寄り。座席の上で両足を宙に浮かせ、自分の上半身よりも大きなiPadでアニメ動画に釘付けな幼稚園児。ケータイを横に倒して韓国ドラマを観ながら友だちからのwhatsupp対応までこなす大学生。

ボテニック・ガーデンの次の駅でインド人家族4人組が下車すると、サリーで着飾った娘が座っていた優先席に、中国人老婆がどっしりと腰を下ろした。明日になれば、きっと日曜休暇をエンジョイするメイドさんたちで車内はもっと賑わうだろう。

@Land Transport Authority Singapore

さて、ボタニック・ガーデンからものの5分。

車内アナウンスが目的地を告げた。しゃおいんどぅー。リトルインディア。

減速し始めた車窓の向こう側に、LEDライトに照らされたプラットホームが飛び込んでくる。全自動運転のMRTでは、車掌室のメーターなんかを眺めながら「車掌さんごっこ」することはできない。走馬灯のように過ぎ行くホームドアの羅列を目でなぞりながら、定位置での停止を待った。

しかし。

無人運転に定評があるMRTにも、その日の調子というものがある。

停止後なかなか開かぬドアに目をやると、車両ドアとホームドアの位置がずれまくっていた。どうやら停止位置をミスったらしい。

電車はそのまま、位置調整のためにのろのろと後ずさりを始めた。2組の透明な板がぴったりと向かい合ったところで、再び停止。シンガポールで暮らしていれば、こうした自動運転トラブルはよくあることだから焦る必要はない。さて、気を取り直して降りましょう。

しかし。

安堵したのもつかの間だった。

車両はドアが閉まったまま、再び発進し始めてしまった!

リトルインディア駅、完全無視。

皆さま先ほどの停止位置ミスは忘れてくださいと言わんばかりに加速し始めた。

焦る乗客。うごめく車内。

降車準備の空回った人々が明らかな手持ち無沙汰に陥る。

事情説明のアナウンスが流れる雰囲気は微塵もない。

Little India ▶︎ Rochor

何事もなかったかのように、次の駅名が告げられた。一体なんなんだ。

人間の手を離れて自動化されてしまった交通機関は、こういったトラブル対処に弱い。

電車が停車駅をすっ飛ばすハプニングに対する乗車客の神対応

数分ごとにやってくるMRTは世界基準でみれば恐ろしく正確で、迅速で、快適だ。ただ困ったことに、故障が多い。そして人の手で即座に対処できないがため柔軟性に欠ける。

リトルインディア駅をなきものとして通り過ぎてしまった列車。特にお尻の時間が決まっているわけでもなかったけれど、やっぱり少し焦った。

私たちを乗せた電車は軌道修正することができず、リトルインディアの次の駅、ローチャーでも規定のセクションエリアを超えて停止した。暫くの沈黙の後、同じように後ずさる。今度は無事に、車両ドアが開いた。

あぁよかった。車内に安堵の息遣いが響いたのもつかの間、誰もがぬか喜びに落胆しただろう。

今度はホームドアが開かなかった。ホームは目の前にあるのに、身動きできない。怪訝な面持ちの乗客たちの焦りと苛立ちが伝染する。駅名を暗唱できるほど乗り慣れてる区間であるにもかかわらず、私は思わず頭上の路線図を確認した。

Rochor ▶ Bugis ▶▶▶ Expo

“Expo”というのは、チャンギ空港一歩手前の駅名だ。おっと。このままだと空港まで強制連行されてしまう。

シンガポールには急行や特急という概念がない。特定の駅を飛ばしたり、別の電車を追い抜いたりすることなく、どの電車も各駅停車で運行している。インド人街からExpoまで一つ一つ止まっていたら、多分1時間は要するだろう。…どうしよう。

ふいに、乳児の乗ったベビーカーを支えた中華系シンガポール人パパと目があった。重たそうな一重まぶたが優しい印象の人だ。困りましたね、と声をかけようとしたその時だった。ゴテゴテのシングリッシュで先手を取られた。

Well, we are in Singapore anyway HAHAHAHHA!

どうせシンガポール国内にいることにゃ変わりないんだ!

そういってニカッと笑う。この人、超楽天的じゃないか!

そうだろ?と彼が視線を投げやった先に立っていた、彼の友人らしきシンガポール人女性もこれにノった。

Let’s go to the airport〜!

空港まで行っちゃおうー!矯正中の上前歯を全開にして微笑んだ。

この2人が乗客の心の氷が溶かすきっかけになったのは言うまでもない。異国での異常事態に混乱していたヨーロッパからの観光客らしき家族は、先に両親が冷静さを取り戻し娘息子をなだめ始めた。タトゥー眉をV字に吊り上げていたおばあちゃんの表情も優しくなる。まぁいっか。私の心も軽くなった。

唐突に、乗客いっぱいの車内に充満する「La vie c’est comme ça」モード。

Life is like that. 人生こんなもんさ。

騒いだって解決しようもないんだから、しゃーない!

死にゃーしないんだし、おっけーらー!

ビクともしないホームドアに対する不満がぬぐい去られ、乗客全体に生まれる団結感。

ドアが無事に開かれたのはその直後だった。

おお。乗客から歓声があがった。まるで古くからの友人だったかのように、各々が前後左右に微笑み合う。

Have a nice day!という掛け声とともに、去る者は去り、残る者は残った。

人は予期せぬ問題に直面した時に本性を表す。そうした時、精神的・時間的に余裕があれば心に波風を立てずに対応できるのだろう。今回のトラブルが起きたのは、土曜日の午後。人々が大勢行き交う都心部を走る電車内でのことだ。1日の予定を抱えた、国籍も文化も言語も異なる赤の他人同士が集まったあの場所で、誰一人不満や嘆きを漏らすことなく、危機的状況が共通の楽しみに変わった瞬間。

シンガポールで暮らす人々の「余裕」に感謝したひとときだった。

—————————————————————————————————

本日も最後まで読んでくださってありがとうございました!