シンガポール在住の子どもたちが持つ驚くべき才能

海外生活

シンガポールの市民食堂であるホーカー。中でも「ラオ・パサ」と呼ばれる、金融オフィス街のど真ん中にあるドーム型のホーカーは「ひらけている」。かつての英国支配中に魚市場であった面影を残す観光名所でもあるため、ちょっと小綺麗でお高いのだ。外国人観光客も多い。ホーカーなのに、店員が中国語ではなく、英語で話しかけてくる。

先週ヒップホップダンスのレッスンを終えた私は、友人と小腹を満たそうと、この「ラオ・パサ」に向かった。食べ物を咀嚼する力すら残っていなかった私は、フルーツジュース。友人らはそれぞれ、エイの蒸し焼き(チリソース乗せ)とチキンライスを頼んだ。

夜9時半を回っていたけれど、見渡す限りテーブルに空きはない。ビール片手に語り合っているのは、ホワイトカラー金融マン。その隣のテーブルではシンガポール人老夫婦が、一言も交わさずにサテーをむさぼっている。その横にはカレー味のチキンサモサを仲良くシェアしているインド人カップル。彼らはどこへ行っても飽きることなくインド料理を食べている。エキゾチックなワンピースに麦わら帽子をかぶったのは、日本からの観光客たちだ。テーブルの上に並んだシンガポール料理の感想を言い合いながらはしゃいでいる。

それからふと目を反らすと、自分の座っている横の長テーブルにも、日本人がいることに気がついた。父、母、小学校入るか入らないくらいの娘の3人だ。

なんてシンガポール人みたいなんだ。というのが最初の印象だった。

3人の間に会話はなく、両親はそれぞれのケータイに夢中、娘はiPhoneを横に倒して、映画を観ていたからだ。

服装や持ち物から判断するに、シンガポール駐在一家のようだ。

衝撃的な少女の一言

「ここへ来てはいけない!すぐ戻れ!」

あれ、知ってるぞこれ。

こっそり少女のiPhone画面を覗いたら、やっぱりそうだ。ジブリ映画「千と千尋の神隠し」だった。

トンネルの向こうの世界に迷い込んでしまった主人公「千尋」と、竜の少年「ハク」が湯屋の橋の上で対峙している場面。じきに日が暮れて、八百万の神々様をお迎えするための灯りがともされると、人間である千尋はこの世界から消えてしまう。

シンガポールでは親が子どもの手持ち無沙汰に対応するために、オンラインコンテンツに頼る節がある。まだ文字も識別できないほど幼い我が子にiPadやiPhoneを与え、Youtubeで教育ビデオを観させているような光景は、決して珍しくない。公共の場所で我が子が泣き出した時も、シンガポール人の親が真っ先に取り出すのがケータイ。画面に映し出されたキャラクターと陽気な音楽で、子どもをなだめるのだ。

「もう明かりが入った。ワタシが時間を稼ぐ。橋の向こうへ走れ!」

強引にも少年ハクに突き放され、元来た道を戻る千尋。その姿を、太陽の光が消え失せた闇が追いかける。昼間は人気のなかった立ち食い屋台に紅い灯籠が並び始めた。

せっかく観光に来てるのに、千と千尋を餌に放置していてるなんて…。

日本でも親子のコミュニケーションが取れなくなってきてるのかしら。少々落胆しながら体制を戻した時だった。

自分の顔より大きなiPadに見入っていた少女が、声を大にして叫んだ。

「ねーママ、これ台湾みたい!」

思わず少女を見返す。

黒髪ポニーテールに、水色の花柄ワンピース。正直どこにでもいそうな少女だ。

だけど、なんて、頭の良い子なんだろう!

彼女のお母さんはホッケンミーをすするのに夢中で、お父さんは相変わらずガイドブックに見入っていた。だけど私は今すぐ駆けて行って、「今、お嬢さんは素晴らしいことをおっしゃったと思います!!」と熱弁したかった。

だって古い屋台街に赤提灯が並ぶノスタルジックなフィクションの情景から、そのモデルとなった国を連想できるのだ。しかも「台湾みたい」なんて、台湾の文化を知っていないと言えないセリフだ。昔中学校でクラスメイトだった中国からの帰国子女の友だちも、一緒に出かけるたびに「ドイツみたい」とか「上海みたい」とか街を形容していたのを思い出した。

彼女が果たして台湾に住んでいたのか、旅行で訪れたのか、テレビで観たのかはわからないけれど、子どもの異文化理解力は底知れない。

日本生まれ日本育ちが当たり前だと思っている刷り込み

先日シンガポールの病院で睡眠導入剤マイスリー処方された時も、似たようなことが起こった。LEDライトに照らされた無機質な待合室に、小さな男の子と、もっと小さな女の子がやってきた。どうやら兄妹らしい。

髪を2つに結わえた妹は、ジャンプするとチカチカ光る運動靴を目の前で披露してくれたあと、ソファーに腰掛けていた私の元へやってきて、自分のおでこと私のおでこをゴッツンさせた。そして隣の診療所まで聞こえそうな大声で一言。

「ねぇ、ニホンジン〜?」

日系病院だから、シンガポール人ではないと思ったのかな。「うん、日本人だよ」そう答えると、丸い目をもっと丸くして小さな悲鳴をあげた。

「わっ、この人、ニホンゴじょうず!」

うんだって日本人だもん。笑

とっさにそう思い、口にしようとしたところでハッとした。

日本生まれ日本育ちである私にとって、日本人が日本語を話すことは当たり前だ。しかし日本人なら誰でも日本語を話すという方程式が、海外育ちである彼女には通用しないのだ。実際に聞けばインターナショナルスクール系列の幼稚園に通っているらしい。私の小指よりも小さな親指をクイッと曲げて、「4さいだよ」と教えてくれた。きっと日本人でも英語を話しているのが、彼女にとっての「当たり前」なんだろう。

映画から台湾を連想した女の子にしろ、日本人でも日本語話者でない可能性を理解している女の子にしろ、シンガポールで育つ子どもたちの感性は素晴らしい。彼らは将来どんな大人になっていくんだろう。

—————————————————————————————————

本日も最後まで読んでくださってありがとうございました!